FC2ブログ
    ブログパーツ

    女はそれを待っている (1958)



    Brink of Life ( Nära livet ) [DVD]
    (1958)
    監督: イングマール・ベルイマン

    作品詳細を見る

    原題:BRINK OF LIFE[米]
    NARA LIVET
    SO CLOSE TO LIFE[英]
    カテゴリー:ドラマ
     出産という、女性にしか体験できぬ事象をめぐる、ベルイマンの運命論的スケッチ。偶然、同じ産院に入院した、年齢も立場も違う三人の女たちの心理の綾を、各自の葛藤を露にしていきながら、一枚布に縫いあげていく。その産着に包まれるのは他ならぬ彼女たちだ。ベルイマンにしては作為の目立つ物語だが、見事な演技アンサンブルを指導して(58年のカンヌで監督賞と集団演技賞を受けた)、簡潔さの中に深いものを育ませている。セシリア(チューリン)は夫と不仲で、まだ幼さの残るヨルディス(アンデショーン)は男に騙され妊娠したので、共に子供を産みたくないが、反対にスチーナ(ダールベック)は、子煩悩そうな夫と一緒に初めての子の誕生に胸を膨らませている。しかし、運命は皮肉なことに、スチーナは死産し、他の二人は生もうと決心がつく。緊張した芝居を繰り広げる女たちに囲まれ、ベルイマンは、金輪際こんな仕事は御免蒙りたい--と述懐していたそうである。
    IMDb


    [AD] 【Amazon】レンタル : Prime Video - アマゾン


    [AD] 【ハピタス】いつもの買い物、Wでポイントが貯まる


    【ニコニコ動画】女はそれを待っている 1/4


    気に入ったら、「視聴できません」だったら・・・
    Amazonで入手する

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ヨーロッパ映画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ カンヌ国際映画祭

    広告
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示