FC2ブログ
    ブログパーツ

    走れ走れ!救急車!(1976)

    お~い相棒 デッカクいこうぜ!
    病人・ケガ人・競争相手 なんのその 超スピードで笑わせまくる われらUSA救急車旋風!



    走れ走れ!救急車![DVD]
    (1977/02/19)
    ビル・コスビー, ラクエル・ウェルチ, ハーヴェイ・カイテル, アレン・ガーフィールド, ディック・バトカス

    作品詳細を見る

    原題:MOTHER, JUGS & SPEED
    カテゴリー:コメディ
     一刻も早く現場に駆けつけて急病人を病院へ運ぶ事で料金を頂いている民間の救急会社を舞台に、そこで働く人々のしがない日々をユーモアとアイロニーで綴った異色作。救急会社F&Bはガメツい社長(ガーフィールド)の下、“おフクロさん”と呼ばれる黒人(コスビー)や、事務仕事しかやらせてもらえずくさっている“デカパイ”(ウェルチ)たちが働いている。刑事の職を失った新入社員(カイテル)は麻薬に詳しい事から“スピード”と呼ばれ、仕事中、ジャンキーに相棒を殺された“おフクロさん”とコンビを組む。現場志望の“デカパイ”は男女同権を盾に社長を脅迫、晴れて隊員のひとりとなるが、“スピード”と二人だけの時に出産間近の妊婦を担当する……。この間に、様々な急病人の挿話(巨体の黒人女性を苦労して運び出す冒頭のエピソードはあまりにくだらなくて爆笑ものだ)や、ライバル会社との小競り合いを描きながら、人命を救う立場にある彼らも単なるサラリーマンである事が滑稽に語られる。P・イエーツ作品としては凡作の部類だが、個性的なキャストと、70年代の風俗の点描はいい味になっており、唐突に展開される悲劇などニューシネマの残り香がする作風は悪くない。


    [AD] 【Amazon】レンタル : Prime Video - アマゾン


    [AD] 【ハピタス】いつもの買い物、Wでポイントが貯まる


    【ニコニコ動画】走れ救急車












    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示