FC2ブログ
    ブログパーツ

    酔いどれ詩人になるまえに(2005)

    どうにもならないことだらけ でも、太陽はまた昇る…。
    酔いどれ詩人になるまえに [DVD]酔いどれ詩人になるまえに [DVD]
    (2008/02/27)
    マット・ディロン、リリ・テイラー 他

    作品詳細を見る

    原題 : FACTOTUM
    カテゴリー:ヒューマン
    ヘンリー・チナスキー。“自称”詩人。売れない詩や小説を出版社に送り続けながら、その場しのぎの仕事を渡り歩いている。何をやっても続かないその日暮らしの酔っぱらい。でもいつだってチナスキーにはちょっぴちのユーモアと一杯の酒がある。くそったれな世の中で、湧き上がる詩、言葉がある…。世界中でカルト的人気を誇り、ショーン・ペン、ボノ等数多くのアーティストに計り知れない影響を与えたアメリカ人作家チャールズ・ブゴウスキー。アメリカ文学界の反逆児として、最後まで貫き通したクールでパンクな人生と、毒気の効いたユーモアと反骨精神に溢れた作品は、世界中に多くの熱狂的なファンを生み出した。ブゴウスキーの分身=チナスキーを演じるのは、『クラッシュ』でアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされたマット・ディロン。恋人・ジャン役にはリリ・テイラーが好演。さらに、マリサ・トメイがカメオ的出演でスクリーンに華を添える。監督は、『キッチン・ストーリー』で一躍脚光を浴びたノルウェーの俊英ベント・ハーメル。だらしなくていい加減な男・チナスキーを、温かいまなざしで描き、その生き様を愛おしく浮かび上がらせる。
    ろくでなし、なのにこんなにも愛おしい。現代アメリカを代表する作家、チャールズ・ブコウスキーの、“作家修行時代”を基にした自伝的小説をついに映画化。
    goo


    [AD] 【Amazon】レンタル : Prime Video - アマゾン


    [AD] 【ハピタス】いつもの買い物、Wでポイントが貯まる


    【ニコニコ動画】Factotum 1/7


    気に入ったら、「視聴できません」だったら・・・
    楽天レンタルで借りる
    Amazonで入手する
    楽天市場で入手する

    Amazonで
    サントラを入手する
    原作を入手する
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ヒューマン

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示