FC2ブログ
    ブログパーツ

    家(1976)

    --家が人間を喰って生きていた……
    家 [DVD]家 [DVD]
    (2007/07/27)
    カレン・ブラックオリバー・リード

    作品詳細を見る

    原題 : Burnt Offerings
    カテゴリー:ホラー
    76年全米恐怖映画協会最優秀監督賞受賞作品。配給元のユナイトが'77年に“パラサイコ”シリーズと銘打って公開した恐怖映画の第2弾(第1弾は「キャリー」、第3弾は「オードリー・ローズ」)。夏のバカンスを過ごすため、ニューイングランドの古い豪邸にやって来た一家。だが、伯母(B・デイヴィス)は体調を崩し、夫(O・リード)は何かに憑かれたようになる。妻(K・ブラック)は邸の持ち主である老兄妹から、最上階に住む彼らの母への食事を頼まれるが、その人物は決して彼女の前に姿を現さない。やがて、最初の犠牲者が出た時、邸に異変が訪れた……。家そのものが怪異の存在であり、人々を喰らっては成長を繰り返しているというのがユニーク。実際、脱皮をするかのように“新造”されていく描写など、思いついても具体化しづらいアイディアを、「血の唇」などホラー作品を多く手掛ける(TVが多いが)D・カーティスは手際よく処理している。だが悲しいかな、この作品で最も恐ろしいのは、息子をプールで殺しかけるO・リードと、“家”に取り込まれてしまうK・ブラックの2人の怪優の凄まじいまでの形相であろう。この夫婦、強烈すぎます。
    goo


    [AD] 【Amazon】レンタル : Prime Video - アマゾン


    [AD] 【ハピタス】いつもの買い物、Wでポイントが貯まる


    【ニコニコ動画】[ホラー] 家 - Burnt Offerings - 1/6


    気に入ったら、「視聴できません」だったら・・・
    楽天レンタルで借りる
    Amazonで入手する
    楽天市場で入手する

    Amazonで
    原作を入手する
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    RSSリンクの表示